Note for ​Bolero

 フランスを代表する作曲家、モーリス・ラヴェル(1875-1937)によるボレロは、あらゆる媒体を通じて消費し尽くされていることもあり、もはや説明不要と言えるほどよく知られた作品になっています。

 

 この作品を編曲するにあたり、ボレロがボレロたる所以 - スネアドラムによる同じリズムパターンを軸に、限定された数種類のメロディがただただ楽器を増やしつつ展開するだけの音楽 - というもっともコンセプチュアルな部分は壊さずに、いかに新鮮なアレンジを施すかということが一番の挑戦でした。

 結果、本アレンジでは、ボレロ自体のテクスチュアはほとんど変えない一方、音楽の形式を視覚的に補強し、また通常とは異なったウィンドオーケストラの配置を施すというアプローチに至りました。奏者はいくつかのグループに分かれて配置され、ホール全体を豊かに包み込みます。

 

 ぱんだウィンドオーケストラと東京文化会館、それぞれの特徴を存分に生かしたアレンジで新たなボレロの魅力を存分に堪能いただければ幸いです。

April,2017​

■ Commissioned by PANDA Wind Orchestra

■ Premier Performance 

13/05/2017 Jonathan Hayward (cond.) Panda Wind Orchestra

at Tokyo Bunka Kaikan 

 Instrumentation

Main-Group (on stage)

2 Piccolos

2 Flutes

2 Oboe
1 English horn

1 Clarinet in E♭
8 Clarinet in B♭(part 1- 2players, part 2- 3 players, part 3- 3 players,)

1 Bass Clarinet

1 Contrabass Clarinet

1 Alto saxophone
2 Tenor saxophone

2 Bassoon
1 Contrabassoon

4 Horn
1 Trumpet inD

3 Trumpet inC

3 Tenor-Trombone

2 Euphonium
1 Tuba

Contrabass (2 players)

 

Piano

Harp

4 Percussions

  Timpani

  Main snare drum

  Cymbals

  Tam-tam/bass drum

- - - - - -

Sub-Group A (off stage)

1 snare drum
1 Flute

Sub-Group B (off stage)

1 snare drum
1 Clarinet in B♭

Sub-Group C (off stage)

1 snare drum

1 Soprano saxophone

Sub-Group D (off stage)

1 snare drum

1 Trumpet in C